既存の洗浄方法の問題点

PERFORMANCE

求められる高い洗浄性能

機械的な洗浄
機械的な洗浄方法は、目詰まりの程度とスケールが何であるかに応じて洗浄が不可能な場合が非常に多く、洗浄をしても残存するスケールがエネルギー損失の主な原因となっています。
残存するスケールは磁性の力を持っており、流体に含まれている異物を引き寄せて残存スケールに積層をさせる働きがあります。
その為、洗浄をしても数ヶ月も経たないうちに再度目詰まり現象が発生する主な原因となっています。
したがって、現場では、洗浄後に残っている残存スケールにより洗浄サイクルが早まり、稼働率やコスト面でも課題が多く残ります。

化学薬品
化学薬品の場合は、酸をベースに開発された洗浄剤が多く見受けられます。
酸の濃度を濃くすると、スケールはよく溶解がしますが、ハードウェアにも腐食(水素脆性)が発生することになります。
また、逆に設備を保護するために酸の濃度を薄くすると、ハードウェアの腐食の問題は発生しませんが、スケールは洗浄効果が低く、高洗浄剤力と非腐食の両立は困難です。

機械的な洗浄及び化学薬品による洗浄共に特定の問題点が既存の洗浄剤にはあります。
これら問題点がコスト上昇や生産性の低下に繋がっており、各問題点をクリアする高い洗浄性能の製品が求められています。
周期的な薬品洗浄は金属の不動態被膜が剥がれ「Rust」発生
薬の濃度が合わせられていない場合「Pinhole」腐食発生
薬の濃度が合わされていない場合「Pinhole」腐食発生
水処理剤を他社製品で使用した後に発生した腐食
1年に2回薬品洗浄後、同じ工程の熱交換器の「Pinhole」腐食
水素脆性により硬度が弱くなり「Bolt」が折れた