既存の洗浄方法との差別化ポイント

DIFFERENTIATION

機械や装置の分解・組み立てが不要

「Inno Chemical」は、対象の機械や装置を移動する必要がありません。
解体工程を省くことで大幅な時間短縮と機械の経年劣化を避けることができます。
解体に必要なスペースやメンテナンス費用を抑えることで、グリーン環境政策に適合した洗浄が可能です。

既存の物理的洗浄方法

多くの場合、機械(熱交換器および/または他のもの)の分解/組み立ては、機械の老朽化を招きます。
しかも機械の移動/分解/組み立てには、クレーンや多くの技術者、作業者と長い準備時間と実際の作業時間が必要です。
さらに追加の消耗品/部品の交換費用や、修理スペースまで必要となります。
修理スペース/場所は汚染された化学物質や油などによって汚れてしまい機械の破損原因となります(H.Eなど)。
そのため予期しない事故を引き起こす可能性もあります。
高い修理/メンテナンス費用などは必然的に高コストとなります。

「EnviroClean」ソリューション

解体機械/設備がないため、機械の経年劣化を避けることができます。
したがって、機械の寿命が長くなります。 対象の機械や装置を移動する必要がありません。(2〜3回の洗浄作業を実施します。)
清掃期間は1日以上かかりませんが、硬質タイプの材料が汚染されている場合は2〜3日かけて清掃を完了します。
消耗品/部品を交換する必要がないため、メンテナンス費用を追加する必要はありません。
修理室や場所も必要ありません。
清掃現場も清潔な作業状態を保つことができます。
グリーン環境政策に適合しています。
シンプルな作業と安いコストで、しかも危険性のない洗浄が可能です。