業種別スケールの問題点

PROBLEM

スケールごとに最適な洗浄・除去方法の選択が求められる。

企業ごとにスケールの特性や除去方法の高い専門知識が求められ、生産性の向上とコスト削減が大きな課題となっています。
精油・石油電気・電子・半導体・ディスプレイ・製鉄など業種による様々なスケールに対応できる高度な洗浄・除去剤が常に求められています。

精油会社

原油を加工して、石油、軽油、灯油などの石油製品を生産するため、原油によって発生する全ての工程でスケールが生成され、ここで発生するスケールは原油、コークス、ヘビー、タールなどのオイル系のスケールが主をなしています。

石油化学

石油系の原料を用いて分離、精製、加工する工程でポリマー、オリゴマーなどの有機物系のスケールが発生することになります。
ポリマー、オリゴマーはスケールを指す名称として使用するのにその種類は非常に多様です。
例えば、 [ポリカーボネート] [スチレンモノマースケール] 【スチレンブタジエンゴム】 [ブタジエンスケール]、[エポキシスケール]、 [ホットメルト]、 [PVC原料スケール]などが代表的な製品であるスケールです。
すなわち塩を生産するのは、塩がスケールであり、ポリカーボネートを生産する工場はポリカーボネートの原料とポリカーボネートそのものがスケールになります。

電気/電子/半導体/ディスプレイ

工業用水によって発生するスケールがほとんどであり、工業用水は、すべての産業分野に渡って最も多く発生するスケールである。
工業用水に含まれている各種の異物がハードウェアが持っている熱(高温)によって硬く固まる現象をいう。
特に工業用水は土質と水質によってシリカと有機物(スライム)などが一緒に形成される場合がありますが、このような場合は、有機物と無機物を一緒に除去しなければならない困難がある。

製鉄産業

各種Oil系と工業用水系のスケールが形成され、又さびも発生する。
その他発電所、食品、自動車などの産業や自治体の場合の下水処理場、排水処理場のすべての分野でスケールが発生する。