スケール別洗浄剤の必要性

NECESSITY

スケールによる生産性低下の抑制、設備のメンテナンスコスト削減

機械的な洗浄方法は、目詰まりの程度とスケールの種類により効果の費用対効果が低く、エネルギー損失の主な原因となっています。
化学薬品の場合は、酸をベースに開発された洗浄剤が多くハードウェアにも腐食(水素脆性)が発生することになります。

工業用水

スケールの性質は有・無機物複合スケールで酸ベースの薬品では完全には洗浄できません。
既存の洗浄剤を用いて洗浄する場合、設備の腐食とのバランスを考慮すると60%程度の除去が限度となります。
溶解されず、シリカとスライムが残留することから化学洗浄へのあきらめが漠然とあるのが多くの企業の現在の悩みとされています。

オイルスケール

代表的な スケールの種類には、原油、コークス、ヘビー、タールなどがあります。
現存する既存の製品は、潤滑油、グリースなど一般的なオイル除去のための洗浄剤が使用されています。
特に中東、 東南アジア、 米国、 中国のような 原油国では、強力な洗浄剤が必要とされています。

ポリマー&オリゴマースケール

石油化学が持っている最大の問題点に該当するスケールです。
一般的な既製品では対応できる製品が少なく、ほとんど満足のいく洗浄は困難と考えられます。

錆のスケール

すべて の産業分野で要求される洗浄剤であり、 特に自動車産業では必要不可欠です。
しかし中性に開発されている洗浄剤は現存しておらず、常に腐食問題が発生します。