導入事例 02

CASE STUDY

Industry Water Scale(工業用水スケール)

すべての産業分野で多様に生成される工業用水スケール。
海水及び清水を工業用水として使用する工程で発生するスケールである。
Inno Chemicalを洗浄剤として使用することができる。
特に無機物と有機物からなるスケールが生成される循環工程でも完璧な洗浄効果がある。
工業用水のスケールの中でシリカとスライムが混ざっている場合でも最適な洗浄効果を得ることができる。

水処理(Water Treatment・水処理剤)

水処理は汚染されているか、飲み水として供給するための原水を使用目的に適合するように汚染物質を除去し、処理することを意味し、水処理や排水処理がある。
水処理は飲料水、工業用水が対象であり、排水処理は都市下水、都市廃水が対象である。
水処理方法には、化学、沈殿、ろ過、吸着、凝集、生物学的処理、塩素処理などがある。
Inno Chemicalは、化学的処理の処理方法で汚染物質を凝集して処理する凝集剤と、pHを調節するpH調整剤、微生物の繁殖を抑制する水処理剤、水の消毒のための消毒剤、消臭のための脱臭剤、泡除去のための消泡剤などを含んでいる。
  • 工業用水のオーダーメード型水処理剤
    各現場の水質を分析し、その現場に最も適した水処理剤を供給
  • 予防に向けたスケール抑制効果
    スケールの形成を抑制し、特に酸化鉄と微生物の沈殿抑制能力が優れている
  • Slime(スライム)抑制効果
    バクテリア、菌類、緑藻類、コケなどの微生物代謝作用を抑制し、Slimeが凝固しないように剥離する効果が優れている
  • 腐食防止効果
    既存の水処理剤製品とは異なり、硝酸、リン酸などの酸が含まれていないため、設備の腐食が発生せず、スケールによる配管の腐食を抑制する効果がある
現場で用水サンプリング採取
水質検査を通じスケールの成分検査
現場に適した水処理剤を供給

水処理(Water Treatment・洗浄方法)

周期的な水質分析を通じた水処理剤の注入量と注入時期を決定し、 一定量の水処理剤を自動的に設定した周期に合わせて水処理剤を注入する方法で、管理者の管理負担を減らすことができる。

事例:工業用水スケール

冷却タワースケール除去(苔と砂塵、錆)

30%希釈、35℃、スプレー、4時間
洗浄前
洗浄後